自在に袴をレンタル!

袴のレンタル活用術

袴姿にはやっぱり黒髪

袴姿にはやっぱり黒髪 袴を着る機会について考えていくと、卒業式などのきちんとした場であることが多いことに気が付くでしょう。
華やかな場ではありますが、単なるお祝いというだけではなく、これまでのお礼を述べる場であったり、自分のしてきたことを振り返る場でもあります。
こういった時に着物や袴を着用するのであれば、きちんと見えるような形を心がけていきたいものです。
そこで注意しておきたいのが紙の色です。最近では茶髪にしている方も多く、普段はあまり意識していないでしょうが、やはり着物は黒髪に合うようにできているものです。
卒業式に着物姿をと考えている方は黒髪に戻すことも検討しておきましょう。試着時に茶髪の場合、黒髪の状態も思い浮かべながら袴の色を決定していきましょう。
髪の色が薄い方などは試着時と印象が大きく異なることもありますので注意してみましょう。黒髪に合う色を周りの人に選んでもらうのもおすすめです。
卒業のイメージをより伝えやすいコーディネートにしてみましょう。

魅了的な袴と着物の組み合わせ

卒業式の醍醐味ともいえる袴姿ですが、実に多種多様になりつつあり選択肢がありすぎて迷ってしまうと思います。
大切なのはきちんと「自分の似合う色」と「自分が描く理想の姿」を把握して、そこから色や着物の柄などを合わせていくのがポイントです。
最近は引き締まる濃い色の袴に淡いベージュやピンクなどの着物を組み合わせ、和と洋を感じるモダンなスタイルが定番です。
個性を主張したい人は「黄色」に「紺」、「赤」に「緑」といった反対色を組み合わせることで、インパクトを与えつつ下品にならないゴージャスな雰囲気に着こなせます。
また黒髪の女性は袴の色を濃くし着物に淡い色を組み合わせると上品な清楚感を感じる着こなしになり、明るめの髪の女性は全体的に濃い色を選び、着物の柄に刺し色となる明るめの色を選ぶことで、エレガントな品のある印象に着こなせます。
朱色などの地味な袴を選んだ場合でも着物の色を同系色の明るめの色を組み合わせたり、刺し色で華やかな色の柄が入っている着物を選べば知的な高貴な印象にもなります。